新着情報

大切な建造物を守るために行う必要のある防水工事の基礎知識

防水工事の基礎知識として、業者であればすべてに対応できるわけではありません。

アスファルト防水や塩ビシート防水にウレタン防水など、工法には種類があり何かに特化しているケースが大半だからです。

 

状況とともに要望も踏まえて、ベストな工法での施工が可能な防水工事業者に依頼をする必要があります。

 

防水工事の基礎知識で知っておきたい防水材の耐久性

住宅をはじめ工場やビルなど様々な建物に必要なのが防水工事、基礎知識として知っておきたいのは漏水予防工事ということです。

防水層をつくる防水工事をすることで、漏水から守ることになります。

 

目的や条件も様々な防水工事であるため、工法も1つだけではありません。

塩化ビニル系シートやウレタンゴムにアスファルトと材料の種類も違えば、必要な施工方法も異なります。

 

基礎知識として10年~15年程度が一般的な防水材にある耐久性ですが、防水工事の工法によっては20年以上という材料もあるため様々です。

 

防水工事のための種類の基礎知識

防水工事の種類の基礎知識として、アスファルト防水をはじめFRP防水にウレタン防水、塩ビシート防水などが一般的です。

最も長持ちをする防水工事はアスファルト防水で、およそ20年の耐用年数になります。

 

紫外線やお日様の熱に対して強いのは塩ビシート防水、約13年が耐用年数の目安です。

繊維強化プラスチックとなるFRP、防水層を防水用のガラスシートとポリエステル樹脂でつくります。

 

10年くらいの耐久性であり、耐水性や耐衝撃性なども抜群です。

同じく10年前後の耐用年数があるウレタン防水は、腐食や紫外線に熱などから、屋上やベランダなどを守ることができます。

 

防水工事を行うメリットの基礎知識

頑丈な素材とつくりの建造物は雨風にさらされても丈夫ですが、経年劣化は避けることができません。

雨漏りやヒビ割れが生じることもあるため、対策がないままだとその分だけ寿命も短くなります。

 

劣化のダメージから守り、建造物の寿命を短くしないためにも、必要となるのが防水工事です。

建築物への防水工事を施すことで、耐久性が高まるのも基礎知識になります。

 

雨漏りなど建物を劣化させる被害も工事で改善ができますし、地震や台風などでの雨漏り被害軽減対策になるのもメリットです。

紫外線や雨に水や雪などからダメージを受け続ける建築物ですが、基礎知識として防水工事はそれらから守る方法です。

 

防水工事での工法はいくつかの種類があるため、構造や建築物のコンディションなどに合わせた適切な工法での施工が必要になります。

 

兵庫県の防水工事は久保工業にお任せ下さい。


会社名:久保工業

住所:〒653-0035 兵庫県神戸市長田区庄田町3丁目3-13

TEL:080-5707-332

営業時間 8:00~19:00 定休日:不定休

対応エリア:神戸市を中心とした兵庫、大阪

pagetop