新着情報

防水工事の高い知識と技術を持つ証にもなる国家資格とは?

仕事を続けるうえでキャリアアップを目指すのはどの業界にあっても考えること、防水工として活躍するために資格取得を目指すこともできます。

 

防水工事に役立つ資格として、注目をしたいのが1級と2級のある防水施工技能士です。

 

建築物の耐久性を維持するためにも重要な防水工事

頑丈な建築物でも水が内部に入り込むと強度はどうしても低下するため、建物を守るためにも必要なのが防水工事です。

築年数が経過することでの劣化は避けられませんが、建物の耐久性が漏水で低くなるのを放置することはできません。

 

ポイントは防水工事をはじめにきちんと行っておくこと、また定期的なメンテナンスも大切です。

専門業者による防水工事は一般的な住居に留まることなく、橋やビルにトンネルなど幅広い場所で行われます。

 

あらゆる施工場所があり目的も異なりますので、防水工事をする際の工法もそれに合わせる形です。

また防水工事をするにあたり、作業をする者は必ず何かしらの資格を持たなければいけない決まりはありません。

 

しかし工事を依頼する側からしたら、防水工事のスキルが証明できると安心感も高まります。

そこで防水工として活躍するにあたり、取得しておいて損がないのが防水施工技能士という資格です。

 

民間資格ではなく、防水施工技能士は国家資格になります。

 

防水工事の仕事をする自信にもつながる防水施工技能士の国家試験にチャレンジ

見た目のセンスが良いだけではなく建物に求められるのは強度、そのためにできることの一つが防水工事です。

防水工事はあらゆる場所に行うことができますが、屋根やベランダに屋上などにはウレタン防水材を使用して、防水力を向上させることができます。

 

膜厚を適切にすることができるのは塗り重ねて仕上げるため、こうした工事の施工を行える高い知識と技術を持つのがウレタンゴム系塗膜防水工事技能士です。

 

防水施工技能士という国家試験を目指すのは防水工としてのスキルアップにもなること、都道府県職業能力開発協会により行われる防水施工の、実技試験と学科試験に挑戦をすることになります。

 

すでに2級試験にパスしてから2年超えの実務経験があるか、もしくは実務経験が7年以上あること、これが1級の受験資格です。

2級の受験資格は2年以上の実務経験があることですが、実務経験は学歴などで必要ないこともあります。

 

様々な建築物の防水レベルをアップするための防水工事は、年間を通して容赦ない雨風からも建物を守るため、寿命まで伸ばすことになる工事です。

防水施工技能士の資格を取得すると、様々な技術を現場で活かせるのでやりがいにもつながります。

 

兵庫県の防水工事は久保工業にお任せ下さい。


会社名:久保工業

住所:〒653-0035 兵庫県神戸市長田区庄田町3丁目3-13

TEL:080-5707-332

営業時間 8:00~19:00 定休日:不定休

対応エリア:神戸市を中心とした兵庫、大阪

pagetop