新着情報

費用面や耐用年数、防水工法にも違いがある防水工事の種類

一戸建て住宅の屋根やベランダだけではなく、アパートやマンションの屋上や屋根など、やがて防水工事の依頼を検討する時期がやってきます。

一口に業者に依頼する防水工事といっても、種類があるため適切な工事を依頼することが大切です。

 

防水工事の際に用いられる基本的な工事の種類

必要なタイミングで行いたい防水工事には、いくつかの種類があります。アスファルト防水の適切な施工箇所は屋根や屋上、防水工事に用いる工法は、熱工法に常温工法とトーチ工法です。

特徴は積層工法であり、防水機能をグレードアップさることになります。

 

ベランダや屋上への施工にはシート防水を使うことも、工法はゴムシート防水や塩ビシート防水を用いたやり方です。

陸屋根やベランダ、屋根の施工箇所の場合、FRP防水での施工を行うことができ、10年から12年程の耐用年数になります。

 

またウレタン防水も適切な防水工事の種類であり、工法には通気緩衝工法や密着工法があります。

 

塗り重ねる工法の種類の防水工事はウレタン防水

塩ビシート防水や塗膜防水をはじめ、アスファルト防水や塗膜防水など、いくつかに分類をされるのが防水工事です。

種類があるのは適切な防水工事も異なるため、防水材料や工法も、行う防水工事により違いがあります。

 

接着剤や自動車のタイヤにも採用されるのがウレタン、摩擦性があり弾力もある、加えて柔らかいのが特徴で優秀です。

塗料を塗るウレタン防水は、塗装後にもつなぎ目が仕上がりに生じません。

ベランダや屋上は形状的に複雑ですが、防水工事の種類の中でも、ウレタン防水は施工が可能です。

 

防水工事の種類で見るそれぞれの特徴

下地に専用接着剤等を使い防水シートを貼る工法は塩ビシート防水工事、使用するシートには塩化ビニール樹脂が使われています。

施工性に優れた防水工事の種類であるのは、接着剤で専用シートを貼るのみの工法だからです。

 

高い水密性の連続皮膜が期待できるのがウレタン防水、防水層は下地に塗るのみの施工で形成できます。

特徴は軽いことと、施工も確実にできることです。長い耐用年数や施工をする地域での制約も、さほど気にする必要がゴムシート防水にはありません。

 

高い信頼を得ているアスファルト防水は、コスト面も抑えられて防水工事の種類としても歴史が古いです。

 

まとめ

ベランダや屋上など防水工事を行う際には、箇所により適切な防水工事をする必要があります。

防水工事には、下地の形状に比較的馴染みやすいとか、施工は短期間でOK、費用面も比較的安価など、それぞれに特徴があります。

 

兵庫県の防水工事は久保工業にお任せ下さい。


会社名:久保工業

住所:〒653-0035 兵庫県神戸市長田区庄田町3丁目3-13

TEL:080-5707-332

営業時間 8:00~19:00 定休日:不定休

対応エリア:神戸市を中心とした兵庫、大阪

pagetop